通販ショップで選ぶマクロビオテックの店

マクロビオテック(macobiotics)は肉や卵、精製された砂糖などを極力控えることによって、生活習慣病などのリスクを低減し、旬の食材を摂る事で、「素材そのもの」の味を楽しむという、正に健康的な食事法として、最近話題になっています。

より健康的な食事をと、食材にまでこだわりを持つ食事法ですから、低農薬や有機栽培の穀類や野菜、調味料といった品を使うことが推奨されています。

これらの食材、普通のスーパーで全てをそろえるのは、ちょっと難しいですよね。

近所に専門店があるという人でしたら良いかと思いますが、そういったお店は数多くありません。

そこで有効なのが通販です。
ネット通販が一般的となった現在、たくさんの商品がインターネット上で取り扱われています。

マクロビオテック(macobiotics)の商品についても同様で、有機農法で作られた玄米や野菜、調味料からお菓子、また、マクロビオテック(macobiotics)の本などもあり、ネット上でそろわないものはないのではないかというほど、様々なものが取り扱われています。

また、取り扱っているサイトも、ヤフーや楽天といった、大手ショッピングサイトや、マクロビオテック(macobiotics)の専門サイトなどたくさんあります。

マクロビオテック(macobiotics)にこだわらず、自然食材という調べ方をすると、生産者自らが開いてるサイトもあります。
生産者の顔を見て、買い物できる機会など普段では余りありませんし、また、それだけ自信のある品物なんだなぁと、安心して通販することができるのではないでしょうか。

自宅にいながらも、全国各地のおいしくて、しかも体に良い食材を手に入れることができるネット通販。
是非利用したいものです。通販も様々なものがありますよね。圧倒的に多いのは、ダイエット関連と健康食品。
そんななかで最近注目株なのが、マクロビオテック(macobiotics)じゃないでしょうか。
飽食な日本が、大好きなアメリカが推奨する健康食品。
身も心も豊かに。
必要な栄養だけ吸収して、旬の食材を旬に頂き、自然界からの気も頂く。

色々ありますよね、通販でも。見つけるにも一苦労。通販ではどんなものが一番スタンダード売れ筋なのか調べてみました。

有機JAS無農薬栽培穀物100%をバランス良くブレンドされた有機十二穀米
(マクロビオテック(macobiotics)に玄米はかかせませんよね。さらにブレンド米なんて毎日の強い味方。)

・動物性原料・砂糖一切不使用のオリジナルレシピ
(自宅で作るとなるとレシピは絶対必要ですよね。)

・国内産減農薬栽培野菜使用商品
(やはり国産が安心。産地直送が一番かな。気がつまってそうですよね。)

・手軽なマクロビオテック(macobiotics)惣菜
(たまには、手抜きだって必要。でも、マクロビオテック(macobiotics)食材の惣菜が安心。)

・玄米の持つ生命力や豊富な栄養を効果的に吸収できるよう、
 玄米を弱火で長時間炒り上げたスープ
(寒い時期や、胃腸が疲れたときは強い味方。通販なら種類多そう。)

・マクロビオテックの定番の梅醤エキスに濃縮番茶を加えた飲み物
(毎日飲む飲み物って大切。梅の緑茶なんて鬼に金棒って感じ。)

などなどマクロビオテック(macobiotics)関連食品だけを集めました。通販をするときに役立ちそうな感じしませんか?
サプリメントと違った健康への関心度だと思います。
やはり口に入る物から大切にしないといけませんね。


テレビ「どっちの料理ショー」に出た食材も入ったおためしセット

オレンジページもマクロビオテック(macrobiotics)

子供に食べさせる食事やおやつは、少しでもおいしくて、体に良いものをと思うのは、親として当然だと思います。

特におやつは、ただ単純に楽しみであるという以外にも、食事量の少ない子供の食生活において、栄養素を補うという意味で重要になります。

そこでおススメできるのが、マクロビオテック(macrobiotics)の考え方です。
マクロビオテック(macrobiotics)は旬の食材を基本に、動物性食品や砂糖、合成甘味料、油などを控えた食事法です。
当然、粗悪な食品や食品添加物などは使用しませんので、安心してお子さんに食べさせてあげることができます。

実際に販売されているマクロビオテック(macrobiotics)スイーツは、できるだけ自然な素材にこだわった、ちょっと贅沢なものが多く、とてもおいしそうです。

動物性食品を抑えたといわれると、昔ながらの日本の食生活を想像しますので、和菓子がほとんどなのかなと思ってしまいます。
ですが、豆乳を使ったアイスクリームとか、豆腐と味噌で作ったチーズケーキ、バターを使わずに植物性のオーガニックな油を使ったクッキーやパイなど、洋菓子もいっぱいあります。
近所にそんなお店がないという方も、ネット通販などで手に入れることができるので、是非一度、試してみてください。

また、子供にはやっぱり手作りのおやつを作ってあげたいという場合には、マクロビオテック(macrobiotics)のお菓子レシピ集なども販売されています。
普段のお菓子作りの素材を置き換えたりと、ちょっとした手間で簡単に作れるお菓子がたくさん掲載されていますので、お休みの日などには、お子さんと一緒に作ってみるのも、楽しいでしょう。

卵、バター、砂糖などを使わないお菓子がマクロビオテック(macrobiotics)の特徴ですので、アトピーやアレルギーのお子様でも、安心して食べることができますしね。

お菓子は子供にとってとても大切な存在ですから、こだわったものを提供してあげたいですよね。

ブログで発見マクロビオテック(macrobiotics)

ブログがブームとなっていますので、ネット上にはたくさんのブログがあります。

ブログはただ読むだけでも、その人の日常や考え方を知ることができ、とても楽しいものです。
また、コメントを書くなどすれば、コミュニケーションを図ることができますし、ネットを通じて、たくさんの人と触れ合うことができます。

そんなブログで最近話題になっているものが、マクロビオテック(macrobiotics)です。

ブログは日常を綴るという以外にも、テーマに沿って書かれているものが多くあります。
皆さん、とっても勉強されているようで、自分の知らないことについて書かれていることもよくありますが、マクロビオテック(macrobiotics)について同様です。

マクロビオテック(macrobiotics)の考え方からレシピ、そして実際にマクロビオテック(macrobiotics)を取り入れている人の体験談など、様々な情報を得ることができます。

マクロビオテック(macrobiotics)は簡単に言うと、旬の素材にこだわった菜食主義を基本とした食生活です。
食生活に関することなので、その取り入れ方も人によって異なります。

普段の食生活にちょっとだけマクロビオテック(macrobiotics)の考え方を取り入れ、素材や調理法に手を加えたというだけの人や、厳密に動物性食品や砂糖、油といった食品を断ってしまう人まで、実に様々な方がいらっしゃいます。

本やマクロビオテック(macrobiotics)の方法を紹介しているサイトでは、なかなか結果まで知ることができませんが、ブログでしたら結果まで知ることもできます。

その中から、自分でも取り入れられそうなことだけ参考にして実践するのも良いですし、似たような考え方や方法を取り入れている人がいたら、コミュニケーションを図るのも、また楽しいでしょうね。


マクロビオテック(macrobiotics)カフェで健康セレブ

マクロビオテック(macrobiotics)とは、旬など食材にこだわりを持ち、動物性食品や砂糖などを極力取り除いた食事法を指します。

健康にも良いと話題になってきているこのマクロビオテック(macrobiotics)ですが、食材などのこだわりがあるため、外食の多い食生活の人などは取り入れることが難しいものでした。

しかし、最近では、カフェやレストランなどの外食の場でも、このマクロビオテック(macrobiotics)の考え方が取り入れられた店が増えてきているようです。

カフェはおいしい食事やコーヒー、そしてスイーツなどが気軽に取れるお店として、若い女性を中心に人気があります。
また、マクロビオテック(macrobiotics)も美容やダイエットに効果的だと、若い女性に人気です。
ですので、この二つが組み合わさるのは当然といえば当然かもしれません。

マクロビオテック(macrobiotics)を取り入れたカフェは首都圏などの都市部を中心に全国に広まってきています。

外食はつい見栄えや豪華さを追及するために、肉などの動物性食品が多くなり、野菜が不足してしまいます。
しかし、マクロビオテック(macrobiotics)カフェですと、そういった心配もありません。

更に、旬の新鮮な野菜やオーガニックな調味料と素材にもこだわっているので、外食にありがちな、おいしいけど、体のことを考えると・・・といったこともなくなります。

カフェによってはスイーツに力を入れたり、テイクアウトを行っていたり、ドックカフェとなっていたりといろいろありますので、いろいろと試してみてお気に入りのお店を見つけるというのも、楽しめるでしょうね。


マクロビオテック(macrobiotics)でダイエット

マクロビオテック(macrobiotics)ダイエットとは、普段の食生活をマクロビオテック(macrobiotics)にすることによって、体質や体調を改善するダイエットのことを言います。

マクロビオテック(macrobiotics)は旬な野菜を中心とし、動物性食品や油、砂糖といった食品をとらない食事法のことです。
具体的にいうと、穀類、野菜、海藻類などを中心に、体にストレスがかかる、肉や砂糖、乳製品、食品添加物などを避けます。
肉や乳製品をとらないと、たんぱく質が不足しますので、たんぱく源は大豆製品や魚介類で栄養のバランスを取ります。
また、油や調味料も使う際にはオーガニックのものとするようにします。

このマクロビオテック(macrobiotics)を実践する上での注意点は、
食材は季節や体調に合わせて選ぶ。
コーヒーやアルコールといった刺激の強い飲み物は避ける。1口でたくさん噛む。
ということです。

野菜中心の食生活なんて、普通のダイエットと違わないのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、マクロビオテック(macrobiotics)を実践し、旬の野菜などオーガニックな食品を続けていると、体内から健康を取り戻すことができますので、次第に体がそういった食品のみを要求していくようになるのです。

急激なダイエットは体調を崩したり、リバウンドの原因になったりと、良いことがありません。
しかし、マクロビオテック(macrobiotics)は、体の調子を整えることが目的です。
体調を整えることによって、体の中にある余分な脂肪を減らすというダイエット法ですので、急激に体重が減ることもなく、肌などを美しい状態とすることができます。

最初はちょっとわかりにくいかもしれませんが、食材の選び方やレシピを提供している本やサイトもたくさんありますので、それらを参考に健康で美しい体を手に入れたいものですね。

マクロビオテック(macrobiotics)でつくる和菓子

砂糖や乳製品、添加物を一切使わない、マクロビオテック(macrobiotics)のスイーツは、おいしいのにカロリー控えめで、アレルギーがあっても安心して食べられると、最近とても人気があります。

スイーツというとどうしても洋菓子を想像してしまいますが、マクロビオテック(macrobiotics)としてその真価が発揮されるのが、実は和菓子です。
和菓子はあまり乳製品や油脂類を使いません。
また、素材を一番生かす調理法が和食ですから、旬の素材を多く取り入れ、動物性食品や油を制限するマクロビオテック(macrobiotics)と合うのも当然かもしれませんね。

マクロビオテック(macrobiotics)のお菓子作りには精製された白砂糖は使いません。
穀物から取れた米飴や甘酒、メープルシロップといった甘味料を使います。

和菓子で最も使われるのが餡ですが、この餡も、マクロビオテック(macrobiotics)では甜菜糖や米飴を使って煉るようです。
旬にこだわって、新豆を使い、時間をかけて丁寧に煉った餡を使って作った和菓子なんて、かなりの贅沢ですよね。

レシピは本やネットで気軽に手に入れることができます。
調理の手間も、簡単なものから、手の込んだものまで幅広くありますので、自分のレベルに合ったものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、なかなか和菓子作りに挑戦する機会がないという人には、マクロビオテックの和菓子を販売してくれているお店やサイトもありますので、そちらで手に入れても、マクロビオテックの和菓子のすばらしさがわかると思います。

お菓子は食生活において、彩りとなるものですから、少しでも良いものを食べたいものですね。

マクロビオテック(macrobiotics)で簡単漬物レシピ

漬物は塩分の取りすぎの原因となると、最近あまり食べられることがなくなりました。

しかし、マクロビオテック(macrobiotics)では、食事ごとに2〜3切れの漬物を食べることが推奨されています。

だからといって、化学調味料や工学的に精製された塩で調理された、市販の漬物を取るのはマクロビオテック(macrobiotics)に反しますから、自宅でレシピなどを参考に、漬物も作ってしまいましょう。

なんといっても、漬物の基本は野菜です。
マクロビオテック(macrobiotics)ですので、旬にこだわった新鮮な野菜が必要となります。
野菜さえ手に入れば、後は漬け込むだけです。

有機栽培されたお米の糠が手に入るのでしたら、意外と簡単に糠床を作ることができます。
同じ糠漬けでも、糠床が良いものであれば、本当においしい漬物を作ることができます。
ただ、毎日管理しなければ、糠床は傷んでしまいますので、忙しい方にはあまり向かないかもしれません。

そこでおススメなのが、味噌や醤油に漬け込む方法です。
レシピなんていらないほど、簡単な調理法です。
こだわりを持って作られた、オーガニックの味噌や醤油に漬け込まれた旬の野菜は、それだけで立派な一品となるほど、おいしいものです。

また、旬の漬物にむいた野菜を適当な大きさに切り、昆布や生姜を入れて塩で揉んだだけの浅漬けも、あっさりとしていておいしいです。

こうして作った漬物は、漬物としてそのまま食べるのももちろん良いですが、刻んで豆腐や納豆などの薬味にしたりするのも、おいしい食べ方です。
他にも漬物を利用した料理のレシピはありますので、探してみると良いでしょう。

ただし、塩分の取りすぎは、体にとって害となりますので、おいしいからといって、あまり食べ過ぎないように、してくださいね。


マクロビオテック(macrobiotics)で健康になろう

マクロビオテック(macrobiotics)とは日本語に訳すと、長く健康で生きるための方法という意味になるそうです。

マクロビオテック(macrobiotics)で勧められる食事法は、まず、穀物や野菜を中心に、動物性食品や油、砂糖といったものを控えるということが前提となります。
その上で、野菜や穀物はでできるだけ無農薬や自然農法のものを用い、また、旬や自分が住んでいる土地の食材ということを大切にします。

低農薬であることが健康に良いということはわかりますが、旬であるとか、自分の住んでいる土地の食べ物であるということについてはわかりにくいですよね。

これは、「人間も植物も全て生まれた環境と一体であるから、住んでいる土地の食べ物を収穫の時期に食べると、自然と体のバランスが取れるという」考え方を基としているそうです。

暖かい時期には水分の多いトマトやナス、キュウリやなど、体を冷やす野菜が良く、寒い時期には大根や蕪、ネギといった体を暖める野菜が良いので、寒い時期にわざわざ輸入やハウス栽培に頼った、時期の外れた野菜を食べて、体を冷やす必要はないということです。

確かに、そのほうが、おいしい野菜も食べることができますし、農薬や肥料が少ない分、健康にも良いですよね。

一昔前なら、時期のもの以外、流通がなかったので当たり前の健康法だったのではないでしょうか。

飽食の時代といわれている今だからこそ、マクロビオテック(macrobiotics)などに代表されるような、昔ながらの食事が、健康のためには一番良いのですね。


マクロビオテック(macrobiotics)のクシガーデン

クシ・ガーデンはマクロビオテック(macrobiotics)をアメリカで広めた、久司道夫さん認定のマクロビオテック(macrobiotics)レストランです。

マクロビオテック(macrobiotics)は、健康で長生きをするための理想的な食生活を目指す食事法です。

クシ・ガーデンでも砂糖、乳製品、肉類、化学調味料は一切使わず、厳選された玄米と有機野菜などを使用し、調理法まで自然の力にこだわって、料理が作られているそうです。

クシ・ガーデンによって作られてるホームページには、カフェのメニューやお弁当などの仕出のメニューなどがたくさん写真を添えて乗せられているのですが、どれも本当においしそうです。

体に優しくて、おいしい食事なんて、最高ですよね。

場所は
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
 パレスサイドビル1F
となっています。

また、テイクアウトの際に容器を持参すると5%OFFとなるそうです。
環境にも配慮を見せてくれるなんて、さすがマクロビオテック(macrobiotics)第一人者公認のお店だなと感じさせてくれますよね。

更に、実際に足を運ぶことは難しいという人のために、スイーツや食材も通販にて販売してくださっているようです。
しかもレシピまで掲載されていますので、自分でクシガーデンの味を、大よそではありますが、再現することができます。
地方に住んでいても、クシ・ガーデンの味の一端に触れることができるというのは、とても魅力的ですよね。

飽食の時代といわれ、様々な食べ物があふれている今だからこそ、本当にいいものを選んで、心も体も健康になれる食事を提供してくれるお店があるということが、何よりもうれしいですね。

マクロビオテック(macrobiotics)のケーキ

昔ながらの日本の食生活に近いものがあるマクロビオテック(macrobiotics)ですが、現代にあわせ、洋食やスイーツなどのレシピもたくさんあります。

スイーツといえば、やはりケーキが一番に思いつきますよね。
このケーキもマクロビオテック(macrobiotics)に沿って作ることができます。

しかし、ケーキを実際に作ったことがある人ならわかると思うのですが、マクロビオテック(macrobiotics)とケーキは正反対のものですよね。
ケーキの主な材料といえば、小麦粉、バター、卵、砂糖など。
マクロビオテック(macrobiotics)にあわせると、小麦粉以外は全てダメです。

そんなマクロビオテック(macrobiotics)のケーキは、甘味としてメープルシロップや甜菜糖、米飴、玄米水飴、ドライフルーツ、玄米甘酒、リンゴジュースなどをつかいます。

他には作るケーキによって、チーズケーキなら豆乳や豆腐、スポンジケーキならアルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用。

なんだか、材料だけでは本当にケーキが作れるのか、不安になってしまうかもしれませんが、マクロビオテック(macrobiotics)のケーキは自然な甘味でおいしいと、普段から甘いものが好きな人にも好評なようです。

詳しい作り方が掲載されているサイトや本もたくさんあるので、マクロビオテック(macrobiotics)に挑戦中の甘いもの好きな人なら、是非チャレンジしてみるべきですよね。

また、動物性食品を使わないので、カロリーも通常のケーキに比べ、控えめなのがマクロビオテック(macrobiotics)ケーキの良いところ。
ダイエット中の人なら、逃す手はありません。

予想以上においしいマクロビオテック(macrobiotics)のケーキ。
作るのが苦手な人なら、お店や通販で買うこともできますので、是非一度お試しください。

マクロビオテック(macrobiotics)なチャヤって知ってます。

最近流行しているマクロビオテック(macrobiotics)カフェやレストラン。
たくさんのお店が軒を並べていますが、中でも有名なのが、チャヤマクロビオテック(macrobiotics)ではないでしょうか。

新宿伊勢丹や日比谷シャンテ、ルミネ横浜、鎌倉と既に何箇所ものお店を構えるチャヤマクロビオテック(macrobiotics)。
そのお店によって、おススメされるものは違いますが、どれも本当においしそうです。

しかし、お店の場所が関東圏に集中してますので、なかなかいくことができないという人もかなりいるのでないでしょうか。
そんな人のために、インターネット上では通販もされています。

チャヤマクロビオテック(macrobiotics)のホームページで取り扱っている品物は、有機JAS認定の玄米や天然塩、有機味噌、米飴などの調味料といった、素材ばかりではありません。
天然酵母のパンやレトルト食品、ケーキやアイスなどのスイーツやドリンクなど、実にたくさんのものが取り扱われています。

特にレトルトは、玄米ごはん、玄米がゆスープ、カレー、パスタソースなど種類が豊富です。
レシピもホームページに乗っていますので、素材を購入してチャヤマクロビオテック(macrobiotics)の味に挑戦することはできますが、やっぱり本物にはかなわないもの。
チャヤマクロビオテック(macrobiotics)の味を楽しみたいと思うなら、一番手軽で確実なのが、このレトルトではないでしょうか。

スイーツも種類が豊富で、どれも本当においしそうです。

素材にも非常にこだわっていますので、決してお安いものではありませんが、健康面でも優れているマクロビオテック(macrobiotics)ですから、たまの贅沢に、是非一度、試してみてはいかがでしょうか。


マクロビオテック(macrobiotics)をはじめるには

マクロビオテック(macrobiotics)は肉や卵、精製・加工された砂糖などを控えることで、生活習慣病などの疾患のリスクを減らし、
旬の食材を選択することで、素材そのものの味を楽しむという、非常に健康的な食事法として最近巷で話題になっています。

より健康的な食事をと食材にまでこだわりを持つ食事法ですから、今までと同じような食材を使うことはできません。
低農薬や有機栽培の穀類や野菜、調味料といった品を使うことが推奨されているからです。

食材にこだわるなんて、なかなかとっつきにくいと思うかもしれませんが、これだけマクロビオテック(macrobiotics)が広まっていますから、カフェやレストランといった飲食店、食材を扱うお店、テイクアウトのお店など様々な形のお店が既にあります。

まずはマクロビオテック(macrobiotics)を試してみたいという場合には、カフェやレストランを利用してみるとわかりやすいでしょう。

また、自宅で是非取り組んでいきたいという場合、野菜などはスーパーなどでもある程度、旬の新鮮なものが手に入りますが、有機栽培された穀類や調味料はなかなか手に入りにくいものです。
自然食品を取り扱うお店が近所にあればよいのですが、そうでなければネット上で食材を通販してくれるところを利用すると良いでしょう。
そういったサイトでは、食材を扱うだけではなく、マクロビオテック(macrobiotics)について解説もしてくれたり、レシピを提供してくれているところが多くありますので、大変勉強になります。

最初はなかなかとっつきにくいかもしれませんが、はじめてみないことには進みません。
いろいろなお店を利用して、気軽に進めて生きたいものです。


マクロビオテック(macrobiotics)の幸せスイーツ

マクロビオテック(macrobiotics)のスイーツにはどのようなものがあるでしょうか。

いろいろ調べた結果、「リセルマイ・ブロック」というクッキーが一番のおすすめです。


■発芽玄米クッキー「リセルマイ・ブロック」

http://www.rakuten.co.jp/lifetech/821224/941087/#929578

有機JAS認定玄米使用の発芽玄米クッキーです。
三温糖という多糖類を使用しているため、体にゆっくりと吸収されます。
また、三温糖は体内で効率よく燃焼されるので、脂肪として残りにくい性質があります。
更に、未精製の自然塩が使用されているため、鉄分などのミネラルが豊富に含まれているクッキーです。

実はこの発芽玄米クッキーは、全て手作りで作られています。
品質へのこだわりが見られますね。

ショートニングやバターが含まれていないので、アレルギー体質の小さな子供さんやお年寄りの方々でも安心して食べることができます。

牛乳に溶かして栄養たっぷりの離乳食、あるいは煮物料理の隠し味に最適です。
忙しい時こそ、しっかりと栄養を摂りたいもの。
ダイエットの補助食としても頂けます。

原料は、発芽玄米粉末、馬鈴薯デンプン、三温糖、水あめ、キヌア焙煎末、還元麦芽糖、自然塩です。


■ブルーベリーショートケーキ

こちらは、市販のものではないのですが、
とてもおいしいので、レシピを書いておきます。


【材料】

 ・地粉(または全粒薄力粉):2カップ
 ・塩:小さじ1/4
 ・ナチュラルベーキングパウダー:大さじ1
 ・なたねサラダ油:1/3カップ
 ・メープルシロップ:1/2カップ
 ・豆乳:1/4カップ
 ・ナチュラルバニラエッセンス:大さじ1
 ・ブルーベリージャム


【作り方】

 1.予めオーブンを175度に温める。ボールに地粉、塩、
   ナチュラルベーキングパウダーを入れ、泡立て器でよくかき混ぜる。
 2.別のボールに、なたねサラダ油、メープルシロップ、豆乳、
   ナチュラルバニラエッセンスを入れ、泡立て器でよく混ぜる。
 3.先の2つのボールの中身を混ぜ合わせる。
 4.型に油を薄く塗り、先の混ぜ合わせたものを流し入れ、
   175度のオーブンで50分間、焼く。
 5.オーブンから取り出し、型に入ったままの状態で冷ます。
 6.冷めたら、型から出してブルーベリージャムをかける。


以上です。
ジャムは、もちろんブルーベリー以外のものでもOKですね。
添加物が入っていないジャムを選びましょう。

マクロビオテック(macrobiotics)の専門店マルシェ

マクロビオテック(macrobiotics)は、暮らす土地の旬の食材を丸ごといただくということを基本に、玄米などの穀類を中心とした、菜食主義的な食事を指します。

食材にも、低農薬や有機農法にて作られたものが良いとされるなど、かなりのこだわりをもつマクロビオテック(macrobiotics)ですから、食材を集めるのにも一苦労かもしれません。

そこでおススメなのが「マクロビオテック(macrobiotics) マルシェ オンラインショップ」です。

このマクロビオテック(macrobiotics)マルシェでは、調味料から穀類、豆類、加工食品、お菓子と、実にたくさんのマクロビオテック(macrobiotics)食材があります。
更に、食品のみではなく、玄米を炊くのに適した炊飯器や圧力鍋といった調理器具や、マクロビオテック(macrobiotics)の書籍も扱われています。

中には、レシピつきの食材セットもありますので、はじめてマクロビオテック(macrobiotics)に挑戦しようと思ったときにも便利です。

このように一通りのものがそろってしまうのがこの、マクロビオテック(macrobiotics)マルシェの魅力ですね。

そんなマクロビオテック(macrobiotics)マルシェの一押し商品が「甘い野菜のドリンク」だそうです。

カボチャ、キャベツ、にんじん、たまねぎと4種類の野菜をじっくり煮込んで、煮汁だけを中質したこのドリンクは、自然な甘味があり、そのまま飲んでも充分においしい一品ですし、更に野菜を加えてスープとしても、良いようです。
マクロビオテック(macrobiotics)を実践している人ばかりでなく、野菜が不足しがちな食生活をおくっている人にも、おススメできるのではないでしょうか。

こだわって作られた食品はどれもおいしく、体に良いものばかりです。
マクロビオテック(macrobiotics)という枠にこだわらず、ただ、良い食材を使ってみたいと思う場合にも、このマクロビオテック(macrobiotics)マルシェは良いサイトだと思います。

マクロビオテック(macrobiotics)で排毒を

排毒とは、読んで字のごとく身体から毒を排除することを言います。

排毒の毒は毒といっても一般的に想像されるものではなく、身体に不必要なものという意味で、この考え方は東洋医学の考え方の一つです。

本来、人間の身体は代謝機能により、身体にとっての不要物をきちんと排出するようにできています。
しかし、ストレスや偏った食事などにより、身体の代謝のリズムが崩れてしますと、この代謝がスムーズに行かなくなり、毒が蓄積されるといわれます。

そこで、この体内の溜まった毒を排出して、体内をきちんときれいに浄化する必要があるとされるのです。

マクロビオテック(macrobiotics)はこの排毒効果があるとされています。
動物性食品や油、精製した砂糖や食品添加物などをとらないことで、身体に余分なストレスをかけず、また、こだわった身体によい食品をとることで体内から綺麗になれるのが、マクロビオティクスです。
身体に不必要なものを摂取しないことにより、身体のリズムが整えられ、余分なものが排出される。
この流れにより、マクロビオテック(macrobiotics)は排毒してくれます。

身体の余分なものを、排出するので、痩せやすくなるなど、排毒=デトックスも良く耳にする言葉ですよね。

ただし、この排毒には注意が必要です。
マクロビオテック(macrobiotics)を開始し、排毒が始まると身体に不調が現れることがありますが、その症状が排毒によるものなのか、それを超えた体調の不良なのかが、判断が難しいのです。
一般には1〜3ヶ月以上、様子を見てから、症状が改善しない、もしくは悪化するようでしたら、排毒の域を超えているので、マクロビオテック(macrobiotics)を見直したほうが良いとされます。

せっかく身体に良いと思ってやっていることが、逆効果になってしまってはすべてが無駄になってしまいますから、自分の体調を見極めて、あまり無理をしすぎないほうが良いと思います。

マクロビオテックのブームで玄米に注目!

マクロビオテック(macobiotics)で推奨されている食事法の一つに、主食を玄米とするということがあります。

食材をすべて丸ごと使い切るというのが、マクロビオテック(macobiotics)の基本理念の一つですから、ご飯も精米されたお米ではなく、玄米のままが一番ということになるのでしょう。

玄米は白米と比べるととてもビタミンや食物繊維が豊富ですが、炭水化物やカロリーが少ないため、ダイエットには向いた食品です。

玄米については、農薬などが糠の部分に残っていて、白米より危険だといわれる人もいますが、残留農薬の検査は玄米のままで行われているので、普通の玄米でも全く問題となることはありません。
ただ、低農薬や有機農法の玄米のほうが、安心して、しかもおいしく食べられることが多いので、マクロビオテック(macobiotics)ではそういったものを用いるとよいとされています。

お米屋さんやネット上の通販などでは、こだわりの玄米がたくさん販売されているので、いろいろと試してみて、自分がおいしいと思える玄米を探すと良いでしょう。

また、玄米は炊くのが難しいともいわれています。
玄米は一般的に圧力鍋で炊くのが良いとされていますが、圧力鍋で炊飯するのは、きちんと炊けているか、慣れていないと不安なものです。
現在の炊飯器には、健康志向への配慮か、玄米炊き用のコースが用意されていることが多いです。
白米より浸水時間を長めにし、そういった機能を使えば、炊飯器でもおいしく玄米を食べることができます。
普通の炊飯器で炊く場合は一晩くらい浸水させると、ふっくらと炊き上がるようです。

普段の主食を変えるというのは、なかなか抵抗があるかもしれませんが、玄米もおいしい食べ物ですので、マクロビオテックにこだわらずに、取り入れると良いと思います。

マクロビオテック生活アドバイザー

マクロビオテック(macobiotics)ライフアドバイザーとは、マクロビオテック(macobiotics)をもとにした、ライフスタイルのアドバイザーという意味だそうです。

マクロビオテック(macobiotics)は最近よく言葉は聴くけど、実際にはどんなものなのか、ちょっと解りにくいですよね。

玄米などの穀物を中心に、動物性食品や砂糖や油を控え、旬の野菜を多く取り入れた食事といわれると、ちょっとは解りやすい気もしますが、バランスの取れた食事をするためには、実際にはどのようなことに気をつければよいのか、最初はなかなかわからないものです。

そんな人たちの助けとなるのが、マクロビオテック(macobiotics)ライフアドバイザーだそうです。

「食べ物を通して、体と心の調子を整えていく方法・ライフスタイル。その方法を知ること、知って選ぶこと。」

なんだか、難しそうな気もしますが、すばらしい考え方であることは間違いありません。

マクロビオテック(macobiotics)は食生活の改善です。
飽食の時代と呼ばれる現在、食品は季節に関係なく手軽に手に入るようになりました。
好きなものだけ食べていたいと思いますが、身体のことを思うとそうもいきません。

マクロビオテック(macobiotics)は、余分な栄養素を取らないことで、体内を綺麗な状態とし、健康で美しい体を手に入れるための方法です。
どんな食材を選べばいいか、どのような調理法が良いか、今まで慣れ親しんできた食生活を改めて見直し、マクロビオテック(macobiotics)のきちんとした食生活を手に入れようと思ったとき、アドバイスしてくださる方がいるというのは、とても心強いことですよね。




マクロビオテック(macobiotics)をはじめてみませんか?

マクロビオティック スタートブック (オレンジページムック)

マクロビオテック(macobiotics)をはじめてみませんか?

マクロビオテック(macobiotics)とは、健康と長寿のための理論や技術のことを言います。

広い意味では、健康的な生活をするための方法とされ、そのすべてにかかわることをマクロビオテック(macobiotics)としていますが、食事法のみがクローズアップされているのが現状のようです。

マクロビオテック(macobiotics)の食事法では、自然界の生物は、それ自体が完全なものであるという観点より、バランスの取れた、偏りの無い食生活のためには、食べ物を丸ごと、すべてとるのが良いとされています。
また、地域で取れた食材を、地域で旬のうちに消費するのも良いとされていますし、肉や卵、乳製品といった動物性食品や油の使用は制限されています。

昔の日本の食事と通じますよね。
農耕民族である日本人は、自分たちで畑を耕し、そこで収穫されたものを食べて生活してきました。
しかし、時代が変わり、現在では食生活も欧米化され、肉などを多くとるようになり、元々肉などの消化に適していない日本人の身体は、その生活に耐えられないことが増え、生活習慣病と呼ばれる病気に罹患してしまうことが増えました。

そんな現在だからこそ、生活習慣を見直し、昔ながらの日本の食生活に近い生活を送るはじめてみるべききなのかもしれません。

ただ、時代は変わっていますので、完全に昔の生活に戻ることなんてできません。
そこで、有効になってくるのがマクロビオテック(macobiotics)です。
東洋医学の考えに基づき、考案されたマクロビオテック(macobiotics)は、現代にあわせて、様々なアドバイスがあります。

現代人の嗜好や生活習慣に合わせた、考え方やレシピはどれも生活習慣を見直すのにふさわしいものばかりです。
最初はとっつきにくいかもしれませんが、まずはその考え方に触れ、自分のできる範囲ではじめてみるのが、良いと思います。


マクロビオテックと玄米ダイエットで美しくなれる!

マクロビオテック(macobiotics)で推奨されている食事法の一つの玄米食。
実はこれ、ダイエットに非常に向いているのです。

玄米は、ビタミンが豊富で、食物繊維が多い食品です。
玄米と白米を比較すると、食物繊維はなんと6倍です。
食物繊維は皆さんもご存知だと思いますが、便秘にとても有効です。
体内で消化、吸収できない食物繊維はそのまま体外へ排出されます。
このときに、身体に不要なものも一緒に排出するので、食物繊維は便秘の予防となるのです。
ダイエットにとって、この便秘は宿敵でもあります。

さらに、玄米は白米に比べてカロリーも控えめですので、ますますダイエット向きの食品であるといえますよね。

この玄米食を勧めているマクロビオテック(macobiotics)は、他に動物性食品や油、砂糖といった食品の制限もし、旬の野菜を中心とした食生活を勧めているのです。
野菜中心ですから、カロリーも控えめですし、ますますダイエットむきですよね。

玄米の炊き方は難しいと思いがちかもしれませんが、現在の炊飯器は玄米炊き向けのコースもありますし、圧力鍋や土鍋で炊く方法だって、慣れてしまえば、炊飯器より短い時間で、おいしく炊き上げることができます。

ダイエットに非常に向いたマクロビオテック(macobiotics)ですが、徹底すると、実生活を送る上では難しいこともいくつかあると思います。
また、慣れない内にあまり徹底しすぎると、ストレスも溜まるでしょうから、これもダイエットの敵ですよね。

まずは、玄米食から初めて、徐々にマクロビオテック(macobiotics)に適った食生活にしていく。
そうすることによって、体内から綺麗になり、健全なダイエットをすることができるのではないでしょうか。

マクロビオテックを取り入れた子供のおやつ&スイーツ

子供にとっておやつは、ただ単純に楽しみであるという以外にも、食事量の少ない食生活において、栄養素を補うという意味で重要になります。

だからこそ、子供に食べさせる食事やおやつは、少しでもおいしくて、体に良いものをと思うのは、親として当然ですよね。

そこでおススメできるのが、マクロビオテック(macobiotics)の考え方です。
マクロビオテック(macobiotics)は旬の食材を基本に、動物性食品や砂糖、合成甘味料、油などを控えた食事法です。
卵、バター、砂糖などを使わないお菓子がマクロビオテック(macobiotics)の特徴ですので、アトピーやアレルギーがあっても、安心して食べることができます。

実際に販売されているマクロビオテック(macobiotics)のおやつは、できるだけ自然な素材にこだわったちょっと贅沢なものが多く、とてもおいしいものです。

卵や乳製品などを使わないおやつといわれると、子供にはあまり好まれない、和菓子がほとんどなのかなと思ってしまいます。

ですが、豆乳を使ったアイスクリームとか、豆腐と味噌で作ったチーズケーキ、バターを使わずに植物性のオーガニックな油を使ったクッキーやパイなど、洋菓子もいっぱいありますので、子供も喜んで食べるのではないでしょうか。

また、子供にはやっぱり手作りのおやつを作ってあげたいという場合には、マクロビオテック(macobiotics)のお菓子レシピ集なども販売されています。
普段のお菓子作りの素材をちょっと変えるだけで、簡単に作れるお菓子がたくさん掲載されていますので、お休みの日などには、一緒に作ってみるのも、親子のコミュニケーションにもなりますので、良いと思います。

お菓子は子供にとって、とても大切な存在ですから、少しでも良いものを食べさせてあげたいですよね。

  • キャッシング・ローン・クレジットカード・消費者金融比較ネット
  • おまとめ一本化ローン・複数会社一括ローン・借入おまとめローン比較お申込み
  • VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレスカードお申込み
  • キャッシング・カードローン・消費者金融比較!
  • 銀行系キャッシングカードローン会社
  • 安心キャッシングカードローン消費者金融会社
  • ビジネスローン・不動産担保ローン
  • 消費者金融キャッシング・カードローン
  • ネットキャッシング・カードローン・消費者金融
  • 女性専用キャッシング・レディースローン
  • おまとめ一本化ローン・複数会社一括ローン
  • 学生専用キャッシング・学生専用ローン
  • クレジットカード会社
  • 即日キャッシング即日融資のネットキャッシング、即日融資ローン、消費者金融比較申込
  • 融資会社比較!優良融資会社が見つかります!
  • 【モビット】お申込み 株式会社三菱東京UFJ銀行系カードローン【モビット】キャッシングお申込み
  • 【プロミス】お申込み 株式会社三井住友銀行系キャッシング消費者金融【プロミス】お申込み
  • 【アットローン】お申込み 株式会社三井住友銀行系キャッシング【アットローン】のカードローンお申込み
  • 【DCキャッシュワン】お申込み 株式会社三菱東京UFJ銀行系カードローン【DCキャッシュワン】お申込み
  • 【ノーローン】お申込み 新生銀行グループ株式会社シンキ1週間無利息消費者金融【ノーローン】お申込み
  • 【楽天マイワン】お申込み 楽天KCクレジット株式会社カードローン【マイワン】キャッシング比較お申込み
  • 【オリックスVIPローンカード】お申込み オリックスクレジット株式会社カード【オリックスVIPローンカード】
  • 【JCB ファーストローンプラス】お申込み 株式会社JCBカードローン【JCB ファーストローンプラス】申込
  • 【イコールクレジット】お申込み SBIイコールクレジット株式会社のカードローン【SBIイコールクレジット】申込
  • 【ライフプレイカード】お申込み 株式会社ライフ(lifecard)ライフカードのキャッシング【ライフプレイカード】
  • 【アコム】お申込み アコム株式会社の消費者金融キャッシング【アコム】の金利・審査・申込詳細
  • 【プリーバ】お申込み 株式会社プリーバの消費者金融ネット系キャッシング【プリーバ】ネットローン審査・申込
  • 【武富士】お申込み 株式会社武富士の消費者金融キャッシング¥enショップ【武富士】カード申込
  • 【三洋信販】ホームページ【三洋信販】株式会社消費者金融ポケットバンク
  • 【ポケットバンク】三洋信販株式会社の消費者金融ポケットバンクキャッシングご利用法
  • 消費者金融金利比較!消費者金融金利を比べてお申込み!
  • 金借りる方法!お金借りる前に知っておきたいこと!
  • 銀行金利比較!銀行金利比較で安心預金・ローン!
  • カードローンランキング!カードローンを比較!人気カードローンランキング!
  • キャッシング借りる!お得な低金利・即日融資・無利息キャッシングを借りる方法!
  • 消費者金融借りれる!アルバイト、パート(主婦)、自営業の方も消費者金融借りれる!
  • 主婦借りれる!主婦(パート)も借りれるローン、キャッシング、消費者金融!
  • クレジットキャッシング!キャッシングクレジットカード!クレジットカードキャッシング!
  • ローンキャッシング!ネットで即日ローンキャッシングカード比較申込!
  • キャッシング金利!キャッシング金利比較!
  • 消費者金融審査!消費者金融審査比較!
  • 限度額比較!キャッシング・クレジットカード・カードローン限度額比較!

  • 広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。